私学をよくする愛知父母懇談会
メイン画像
QA
父母懇ってなぁに?

 私学の父母と先生が、子どもと私学のために活動する自主的な「父母と教師の会」です。父母の生き甲斐の場ができ本音で語り合え、温かい人の輪が生まれます。

どんなことするの?

 子どもの教育を先生たちと語り合う場を設けたり、コーラス・見学・ツアーなど手づくりの文化活動を行なったり、助成金の増額運動や40人学級実現のための運動など私学の教育に関わる問題に取り組んでいます。

誰がやっているの?

 いま会員は17万5千人、学園ごとに世話人会があり、県下59地域にブロック世話人会があります。超党派の市民団体にふさわしく、先生たちと協力しあって運営しています。

どこで入会できるの?

 学校で先生に申し込んでも良いし、学校か地域の世話人さんに申込書を渡しても良いです。

PTAとはどう違うの?

 PTAは在校生の全父母が自動的に入会し、主に学校単位で活動しています。父母懇は学校の枠をこえて、父母と先生たちでつくっている自主的な組織です。学園を単位とした「学園父母懇」と地域で活動する「ブロック」(県下53)で構成されています。私学助成運動や教育懇談会、レクレーションなど楽しい手作りの活動をしています。

私学助成ってなぁに?

 国や県、市町村から出ている私学教育をささえるための助成金です。学校の経常費・校舎の建築費・父母の学費負担などに対して助成しています。まだ公立との学費負担の差が大きいので、増額のために署名や陳情などに努力しています。