私学をよくする愛知父母懇談会
メイン画像
父母懇とは
ひとりぼっちの親をつくらない
画像1

 父母懇(私学を愛する愛知父母懇懇談会)は、私学の父母と先生とが、子どもたちの教育のために活動する自主的な「父母と教師の会」です。
 「教育に公平を!」をスローガンに、助成金の拡充運動など、私学の教育に関わる問題に取り組んでいます。また、学園や地域で、親睦を深めながら、よりよい教育を目指して学びあい、私学関係者にとどまらないつながりを広げています。

父母懇の歩み
 年度  歩み
1980 愛知父母懇結成
県下7ブロック 会員11,000人 1万人集会
1981 会員17,000人 13,000万人集会
1982 5ブロック 会員21,500人 15,000人大集会
1983 18ブロック 会員3万人 18,000人大集会
1984 24ブロック 会員4万人 20,000人大集会
映画「それぞれの旅立ち」製作
1985 50ブロック 会員5万人 2万人一斉地域集会(30会場)
映画「それぞれの旅立ち」30万人上映運動
1986 会員6万人「私学フェスティバル3万人大集会」
中学生父母向け「地域別網の目懇」スタート(240会場)
経常費1/2助成が県で採択
愛知県高校生フェスティバル実行委員会誕生
1987 複合選抜反対闘争、反対署名382万名
会員67,000人 「私学フェスティバル3万人大集会」
1988 会員75,000人
「私学フェスティバル地域別大集会」(10会場)に37,000人参加
1989 会員82,000人
愛知サマーセミナー開始
「私学フェスティバル地域別大集会」(10会場)に48,000人参加
1990 会員91,000人
「私学フェスティバル文化大祭典」に4万人参加
1991 会員10万人
「都市別文化大祭典」(県下11会場)に8万人参加
1992 会員106,000人
急減期特別助成実現
高校生フェスティバルと学園フェスティバル
1993 会員112,000人
「2万人夢の教育文化大祭典」
1994 会員117,000人
「夢の教育文化大祭典」に25,000人参加
1995 会員123,000人
「地域別市民文化大祭典」(13会場)に15万人参加
1996 会員129,000人
「地域別市民文化大祭典」(37会場)に12万人参加
1997 会員135,000人
「名古屋ドーム大祭典」に10万人参加
1998 会員140,000人
「地域別県民文化大祭典」(18会場)に12万人参加
1999 会員145,000人
対県請願署名4,406,203筆
「地域別県民文化大祭典」(34会場)に122,000人参加
2000 会員150,000人
対県請願署名4,484,370筆
「地域別県民文化大祭典」(35会場)に123,000人参加
2001 会員155,500人
対県請願署名4,508,241筆
「地域別県民文化大祭典」(19会場)に148,400人参加
2002 会員161,000人
対県請願署名4,616,149筆
「ナゴヤドーム大祭典」に90,000人参加
2003 会員166,000人
対県請願署名4,644,607筆
「地域別県民文化大祭典」(23会場)に120,000人参加
2004 会員170,000人
対県請願署名4,140,223筆
「地域別県民文化大祭典」(46会場)に12万人余参加
2005 会員175,000人
対県請願署名4,243,323筆
「地域別県民文化大祭典」(39会場)に126,600人余参加
2006 会員180,000人
対県請願署名4,594,685筆
「レインボー大祭典」50,000人参加
2007 会員185,000人
対県請願署名4,160,000筆
「オータムフェス」(26会場)80,000人
2008 会員189,000人
対県請願署名4,540,000筆
「地域別県民文化大祭典」(32会場)に86,000人余参加
2009 会員193,000人
対県請願署名4,480,000筆
「県民文化大祭典2009inナゴヤドーム」参加総数延べ90,000人(式典参加4万人)
2010 会員197,000人
対県請願署名4,011,535筆
「オータムフェス」参加総数91,548人