私学をよくする愛知父母懇談会
メイン画像
父母懇の活動
「もうひとつの学校」へようこそ
画像1

 学校の垣根を越えて、生徒・父母・先生と市民とが「地域に開かれた学校」「ひとりの子どもを救おう」を合言葉に互いに触発しあいながら成長できるのが「父母懇」です。自分と違う人たちと、つながりを深めることによって、はっと気づかされたり、悩みを解決したりして勇気や生きる元気を得ることが、きっと、できます。

 さあ、学校や地域から街の人々と手を取り合って、子どもたちを守る一歩を踏み出しましょう。

愛知父母懇談会一年の流れ
 月  流れ
4月 新入生歓迎
5月 ―ようこそ私学へ!
愛知父母懇総会:
 3,000名の私学の父母、教職員が、名古屋市公会堂を埋め尽くし、父母懇の果たしている役割を伝えひろめます。
6月 ―地域とつながる教育づくり
教育を考える初夏の集い:
 (県下、各地で)
 生徒、父母、教師、地域の市民の方々の協力を得て、愛知の私学を知っていただくために、講演会、生徒発表、教育相談などを行います。
7月 ―人・街に交わる学びを!
愛知サマーセミナー:
 先生だけでなく高校生や父母さらに地域の市民ともつながって、誰もが講座を開くことができ受講することができる、全国でもまれにみる大きな教育イベントです。
8月 ―深めたい 人とのきずな
夏季一泊研修会
 テーマ別に分かれて父母懇の学習を深め、ブロック・学園の仲間と泊まって語り合う事で、より親睦が深まります。
9月-11月 県民文化大祭典
12月 ―私学助成の拡充を願って!
私学助成請願署名:
 10月〜12月
1月
2月 ―ネットワークを地域に学園に
春季一日研修:
 ブロック・学園の一年の活動報告をとおして、仲間づくりや教育のあり方などを考える場です。
3月 楽しいバスツアー:
 暖かい春の一日をゆったりと過ごします。